引っ越しが大凶方位と言われたときに必要なこと

「前の引っ越しが凶方位だったから、次の引っ越しを早くした方が良い!」っていう占い師が多い!と思う今日この頃です。

そういう占い師が多いと私の商売も成り立つのですが「あなたの引っ越しは凶方位だったので、早く引っ越した方が良い」と言われたら、最初にすることがあります。

それは「凶方位の影響があったかどうかの確認」です。

影響は少しあったかな~から、相当あったというのもあれば、思い当たる節が無いというのもあります。

思い当たる節が無い人は、もう方位の事は忘れて次にいっても大丈夫です。

方位の影響の実感があれば対処も出来る

方位の影響がよく分からない人は吉方位の影響もない(影響が分からない)ので、運気アップで方位を取ることは意味が無いです。
参考:「方位の影響がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も意味ない」

これを最初にはっきりさせておけば楽です。

次に、少し思い当たるから相当思い当たる人の場合です。

こういう人は「方位の影響があるので方位を目安にすることが出来る」というステージにいます。

「方位の影響がある」ならば、引っ越しで方位の影響をどうにかする必要は無いです。

凶方位を選んだ原因が分かれば影響を弱く出来る

方位鑑定で大事なことは「なぜ凶方位を選んで引っ越しをしたのか」にあります。

方位の影響とは「引っ越し部分だけ」に影響するわけではなく、そこに至る経緯も含めて全部が関連しています。

この仕組みを理解していると、不運の連鎖を外しやすくなります。

凶方位の影響を受けていても、その流れを変えてやる、あるいは、その選択をしている状態を変えてやることで、かなり楽になります。

方位の影響だけで全てが悪くなっているわけでは無く、いろいろなことが関わり合って問題が起きやすい土壌が出来ていると見ます。

引っ越しの相談をする時は人生の節目

こういう時に占いに関わりを持ったことは、見えない部分での運気の調整や運勢の流れを知っておくと良い時期に来ているという見方が出来ます。

もう一つは、見えている部分(現実の世界)で人生の微調整をする「節目の時期にある」という見方があります。

実際、方位鑑定を希望される方の運勢を鑑定すると、今、変化の時期にある事が多いです。

方位鑑定だけでなく、全体から見て大事なポイントを引き出していくのが占い師の仕事です。

凶方位の引っ越しだからとがっかりしなくて良い理由

凶方位の影響があることが分かれば、私からするとラッキーだったなって思います

方位の影響が分からない、実感出来ない人もいます。

方位の影響が分かったら、修正していけば運気アップに大きく繋がります。

「何をすれば運気が上がるかが分かる」ことは大事ですし、これは方位の影響が気になる人が望むことだと思います。

凶方位の引っ越しだったとか旅行だったとかいわれても全然気にしなくて良いですし、がっかりする必要もありません。

現実を見て、その上で判断すれば良く、ある意味で物事がはっきりしたわけです。

怖がることは何も無いのでご安心を。

凶方位が怖いならこのお話も参考になるかもしれないです ⇒ 「凶方位は絶対だめなの?大丈夫な時とダメな時」

【ここで取りあげたリンク】
「方位の影響がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も意味ない」