家族で引っ越すとき凶方位になるならこれが要注意!

家族で引っ越す時に大事になることがあります。

家族で引っ越しをする時に方位の事を知っている人は、出来るだけみんなが吉方位に行けて、凶方位を避けられるようにと思っています。

実際にはなかなか難しいことも多く、吉方位を選ぶどころか、誰かが凶方位になることの方が多いです。

こういう場合には優先度があるのですが、親を優先します。

決して子どもを優先しないこと。

これは運気のバランス上のお話なのですが、親の運を子どもに背負わせるのは酷ですので、親の運を優先することになります。

方位の吉凶は「その人にとっての吉凶」も現しています

方位の扱いで難しいのは「凶方位に行くから悪くなる」のか、「悪くなる流れに乗ってるから凶方位を選択している」のかの見極めが必要ということです。

親を優先するということは、その分子どもがストレスを背負う可能性が出て来ます(あくまで可能性で有り、占いと現実とすり合わせが必要です)。

親を優先することで、子どもにとって凶方位になることもあります。

それでも親を優先することが大事なのですが、子どもに対するケアも鑑定に含めていきます。

なぜ引っ越しをするのか、なぜその場所なのか、親としてどうしていきたいのか。

説明が必要なお子さん、問題ないお子さん、違いは運命次第

ポイントはお子さんも含めて誰かが凶方位に入るとき、その人にとっての負担が大きくなりやすい事を前提に、何を注意する必要があるかをチェックする事です。

凶方位といっても、いつでもどこでも悪いわけではなく、事前に備えることで随分と穏やかに過ぎていくことだってあります。

家族の引っ越しの場合はどうしても方位を調整するのは難しくなるのですが、特に本人に選択肢が無く、しかも自然に話が決まるときには凶方位が何かを暗示していることがあります。

引っ越しするけれど、先々の事まで想定をしておけば不安も心配も随分少なくて済みます。

何でも悪い、何でも完璧にじゃなくて、それこそ状況に合わせて選択していくことで、良い引っ越し、楽しい引っ越しになっていきます。

その結果、結構大丈夫だったということも多いです。

一緒に読んでみてください:「吉方位・凶方位の影響は家族に影響する?」