凶方位の影響で不幸が起きていると感じる時の対処法

凶方位の影響が強く出ると人生がままならないです。

問題が起きやすくトラブルに巻き込まれ、しかも自分の調子も良くないという大変さです。

これが不幸の一つの形?

私は吉方位の話よりも凶方位の話をよくしますが、その理由は凶方位の方が悩む人が多いからです。

今回のテーマで一番大事なことは「方位が気になっている人に対処する」ということです。

凶方位の相談にはいくつか傾向がありますが、特に家族で引越しをする時に顕著な傾向があります。

それは方位の相談をされる方ご本人が方位の事・占いの事を気にしすぎているケースです。

引っ越し関連で問題があれば引っ越しが気になる

家族で引っ越す場合、大抵は女性が方位を気にします。

占い全般を通して女性の利用が多いので、見えない部分に対する意識は女性の方が高いのかもしれません。

女性の方が多いので余計に目立つのですが「凶方位に引っ越したから問題が起き不幸が舞い込んでいる」ととらえやすいです。

方位の影響には2つの見方が存在します。

一つは凶方位の影響を受けるというものです。

もう一つはその選択をする人にとって「凶」の運命を選択しているというものです。

この二つは違います。

凶方位の影響は煙の中で生活するようなもの

凶方位=自分にとって有害という理解になります。

凶方位の影響を受ける場合、すぐに影響が表面化することもあれば、数ヶ月後ぐらいから出てくることもあります。

タバコの煙の中で生活をしていても、すぐに体調が狂う人もいれば大丈夫な人がいるのと同じです。

ただし、大丈夫だからと言って体に負担が掛かっていないわけではありません。

こういう感じで凶方位の影響を受けていたとしても対処は出来ます。

タバコの部屋にいてもマスクをしたり、空気清浄機を回したり、出来る事は限られるかも知れませんが負担を減らすことは出来るのと同じです。

凶の選択は自分に大変な選択をしている

ただし、その大変さがどういう性質のものかは生き方や運勢、運命などを見てみないと分かりません。

凶の選択には自分にとって負担が掛かる意味がありますが、その負担が必要な場合もあるからです。

こういった凶方位の影響のとらえ方は現実から見た解釈の仕方です。

そして、ここからが大事なのですが、方位の相談をされるときに「不幸」を感じている場合、多くのケースが相談されている方が深刻にとらえていることが多いです。

相談をされている方が深刻にとらえすぎていて、その結果家族もその人に振り回されてしまう状態です。

確かに実際にいろいろと問題が起きています。

問題の受け止め方がポイントになる

何も起きない日などありませんし、時には大変な事だって起きます。

この原因は引越しにあるのではないか?と結びつけるのは分かる気がします。

でも、だから凶方位を何とかすれば良くなるというのは危ういです。

こういうときに私が重視するのは、起きている問題に対する分析です。

分析の仕方はそれぞれの生き方と起きている現象をすり合わせていくものです。

記憶に残る問題は生き方に関連している

起きた問題が偶然なのか、それとも起きるべくして起きたのかで解釈が変わります。

そして、この分析が必要なのは相談されている方その人です。

周りの人は本人がいろいろと気にしているから少しでも楽になるならと協力をしてくれている状態です。

占いがどうのこうのと深刻になるのは家族の中でも大抵一人です。

ある意味で家族の事を一番心配している人が気にしています。

だからこそ、私は家族の中でぶつかり合って欲しくないと想いながら鑑定をしています。

占いに出ているから不幸になるという理不尽さ

家族もこれを受け入れる事が出来るうちは良いですが、それ自体がものすごく重くのしかかることがあります。

その結果、家族との関係が大変というかストレスフルになったりします。

これこそが凶方位の影響じゃないのか?と疑いたくなります。

自分で自分も家族も苦しめてしまうという怖さが占いにはあります。

もちろん、その逆もあるのだけど、占いの受け止め方で相当違ってくるので厄介です。

ではどうするか。

現状を正確に把握出来ると状況が分かる

その上で実際の所どうなのかを整理していきます。

もちろん、方位鑑定上の対処も検討していきます。

上でもお話をしているように、その人の生き方がどういう風に現実に影響しているかも見ていきます。

こういうことって目先の何かをやれば良いという次元ではなく、ここに至るまでの事も含めて受け止めていく必要があります。

そうじゃない「占いで何とかすれば現実も変わるはずだ」という偏った思考になります。

現実の問題を現実で何とかする

このためまずは現実の世界での選択の仕方や現象の受け止め方、対処の仕方を占います。

そして、占い的にどういう対処が望ましいのかを鑑定していきます。

主に「相談されている方その人を」です。

気にされているのは自分も含めた家族全員なのですが、まずはその人だけで十分です。

一度に全部に対処しようとするのではなく、まずは気にされている本人に対処します。

うまくいけばその人だけで全て収まることもありますし、夫婦だけで済む場合もあります。

凶方位で不安なら今の状況を理解する

家族を振り回す前に、あるいは既に振り回してしまっていても、今の現状が芳しくないなら、この原因を作り出しているのが自分なのでは無いかというセルフチェックです。

相談者自身が軽くなれば家族みんなが軽くなっていきます。

そして、自分の不安がどこに関連しているかが分かると、どうしたら良いかも分かる事が多いです。

凶方位で不幸になっていると思い始めたら、まずは自分自身の整理をしてみてください。

そこにたくさんのヒントが隠されています。

一緒に読んで欲しい:「怖い占い、脅す占い、家族や身内の占いの呪縛から逃れるために必要な事」