凶方位に行って嫌なことが起きたとき

凶方位に引っ越したり、旅行をしたときに悪い事が起きたらどうしたら良いかがテーマです。

凶方位の影響が気になるケースで多いのは、引っ越しが決まった後や引っ越した後に凶方位だった場合です。

方位の影響が気になるきっかけは様々ですが、引っ越しのケースが多いです。

今起きている問題は、凶方位に引っ越したことが悪かったと考えてしまいます。

どういう理由でその引っ越し先を選ばれたか分かりませんが、そこに引っ越す理由があったのであれば、一概に起きた事が悪いとは言えないです。

起きた問題に原因が隠れている

占いで大事なことは、現実で起きた事に向き合うことです。

凶方位に引っ越したことで悪い事が起きたとします。

大事なのは「なぜその悪い事が起きたのか」です。

引っ越しそのものが原因となって悪くなるケースは少ないです。

引っ越すには引っ越すだけの理由がありますし、引っ越した時期を選んだ理由もあるはずです。

気がついていたら引っ越していたというケースもゼロではありませんが、通常は理由があって引っ越しています。

更に理由だけでなく、引っ越す必要のあった環境も関連してきます。

凶方位はタイミングの一つ、対処が分かれば大丈夫

様々な要因が重なって引っ越しをし、その結果「凶方位というタイミングに」悪いことが起きた流れです。

ということは、悪い事が起きた原因は「様々な要因」の方にあります。

引っ越したことそのものではなく、引っ越しをした理由に繋がりがあるということです。

ここまで掘り下げると、起きた出来事に対して何がきっかけになっているかも分かる可能性が出てきます。

それが分かれば、後は対処をすれば良いです。

私の占いはここを本質と言っていて、ここを明らかにするのが仕事です。

簡単に対処ができる場合もあれば、そうじゃない場合もありますが、いずれにせよ何か対処が必要になります。

起きた問題を放置すると深刻化しやすい

そうじゃないと、起きた悪い事に拍車が掛かる可能性があるからです。

これは不運ではなく、人災です。

凶方位に行くと問題が起きることがありますが、これは吉方位に行ったって問題は起きます。

凶方位と吉方位の違いは「タイミングの違い」です。

タイミングが悪い時に嫌なことが起これば、対処が後手に回り泥沼になる可能性が出てきます。

吉方位に問題が起きる方が良いとお話するのは、対処がしやすい時に問題が起きてくれるからです。

問題は起きるものですが、タイミングの善し悪しでその先の人生にも違いが出てきます。

凶方位の対処は現実の対処をした後に行う

だからこそ、凶方位で起きる面倒事ほどしんどくてもすばやい対処が重要になります。

ここをおろそかにすると泥沼になりやすく、しかも、問題が長引きます。

だからこそいち早く対処し、ウミを出し切ってしまいます。

凶方位の影響は対処が出来れば深刻化しにくいです。

凶方位の影響を避けたいと思う人が多いけれど、ポイントはそこにはないです。

凶方位の影響となる根っこに対処することが大事です。

ただ、もう一つの見方として「見えない部分への対処」もあります。

運気アップも対処法の一つ

見えない部分とは「運」の部分なので、そこが悪い方に行きすぎないようにケアをします。

このケアは人それぞれですが、実害が出ている人の場合(現実に問題を抱えている人の場合)は最初は見えない部分よりも見えている現実の対処をします。

その上で運気アップや厄除けなどで流れを変えます。

問題が起きていないのに何かをする必要はないですが、問題が起きているなら対処が必要だからです。

現状に至るまでにも時間が掛かっていますので、対処を始めたからといって急激に良くなることはまれです。

でも、とりあえず対処しておくことで、気がついたら山場を超えていたということはよくある話です。

凶方位に行くことが問題では無く、起きた問題を軽く考えることが問題

結果的に凶方位に行く事になり、悪い事が起きたとしても、現実と見えない世界に対処することで流れを変えられます。

悪い事が起きるということは、起こるだけの理由がありますが、それは良いタイミングであっても起きるというのはお伝えしたとおりです。

悪いタイミングで起きたことはしんどいですが、対処をすれば良いだけです。

問題が起きてくれたことで、今以上に悪くならずに済む可能性もあります。

凶方位を選んでしまったからと悲観しすぎる必要はありません。