凶方位に旅行をしたら不幸になる?

ネットや本に書いてあることが全てでは無い

凶方位に旅行をしたら不幸や不運が起きると本に書いてあります。

私が嫌いなのは「みんなに起きる」ような感じがする書き方がしてある点です。

占いは万能じゃ無いです。

大丈夫な人もいればダメな人もいます。

よく例に使うのが修学旅行です。

修学旅行は全員が同じ方位に行きます。

仮にそれが全員にとって大凶方位だとしたら、全員が死ぬの?事故るの?って話です。

凶方位の旅行に行ってみんなが不幸になるわけでは無い

修学旅行の事故を取りあげる占い師さんもいるかもしれません。

でもね、でもですよ。

年間修学旅行って一体どれだけ開催されてるか知ってます?

いろいろ調べても人数までは到達出来なかったですが、単純に17歳ぐらいの人口が100万人として、半分以上は在学していると思います。

修学旅行は中学校・高校と分かれますので、単純に100万人ぐらいは各地に旅行してます(修学旅行は教育旅行って言います)。

100万人の内、どの程度が凶方位に行っているかは知りませんが、万単位で行っていると予想できます。

みんなに不幸や不運が均等に起きている事なんて無いです。

凶方位の影響を避ける最大の対処法は用意周到さ

修学旅行でみんなで五黄殺、暗剣殺、歳破のどこかに行っていることだってあるでしょう。

でも、とんでもないことが起きたなんて聞くことはほとんどありませんが、これには理由があります。

日本の修学旅行はめっちゃ細部まで検討されている上に、二重三重にトラブルが起きないようにフォローされています。

海外への修学旅行だけじゃ無くて、国内の修学旅行も同じです。

こういった例を挙げても、凶方位に旅行をしたらみんなに不幸や不運が起きるということはちょっと考えられないです。

これだけでも十分ですが、普通に考えても「凶方位のことを知るまでは普通に旅行をしてましたよね?」って言います(笑)。

だからこそ普通の人は凶方位の影響をそこまで気にしなくてよいです。

占いの実感の有無でやり方が変わる

これが方位を扱う占い師としての本音です。

実害が出ていないのに気にする方が時間とお金の無駄です。

そういう人が対処とか対策とか、そんなの必要なの?って思います。

占いで大事なことは「どこまで実感があるか」です。

実感が無いのは幽霊と同じで、無いものをあるように言うだけ詐欺になっちゃいます。

もちろん「実感が無いから存在しない」とはなりません。

でも、存在感を感じられるまではスルーでOKです。

他に気にした方がよいことはたくさんありますし。

凶方位の実感があるなら対処するだけのこと

問題は「凶方位の実感がある人」ですが、心配はいりません。

方位の影響を目安に出来る人は、方位の影響が実感として感じられる人です。

私などもそうです。

私の場合は「占いでそう出ているから」という理由で方位鑑定はしていません。

理屈で存在していても、現実で実感出来ないなら無いのと同じです。

私自身「あるのかな~」程度の事を商売で使い続ける強さは持ってないです。

方位の影響が実感としてある場合、それは吉方位だけでなく、凶方位の影響も実感としてあるということです。(参考:「方位の影響がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も意味ない」

「実感」を持つためには、方位の影響をどの程度受けるかを占う必要があります。

占いの結果をもとにすれば、方位の影響を実感出来るかどうかが分かります。

全ての話はここからじゃ無いと始められないです。

単純に「今回の旅行は凶方位みたいだからどうしよう」みたいにはなりません。

占いのダメなところは「いかにも」って感じで怖がらせる側面があることです。

でも、占いは万人に通用するモノではありません。

めっちゃ占いが目安になる人もいれば、全然役立たない人もいます。

占いに関心があるかないかは関係無いです。

占いに関心があっても役立たない人もいます。

占いに関心が無くても占いの結果がそのまま出ている人もいます。

凶方位の影響は一律では無いからこそ現状を知ることが大事

理屈上は「凶方位に旅行をしたら問題が起きやすい」となります。

でも、現実は「人による」です。

「人による」に加えて「時期による」とも言えます。

同じ人でも方位の影響が行動の目安に出来るときとそうで無いときがあります。

凶方位一つをとってみても、それだけで単純に不幸や不運が起きるというのは強引すぎます。

占い師としてはそういう風に言ってる方が楽なんですけどね(笑)。

凶方位に旅行をした(する)場合、まず大事な事は「あなた自身が方位の影響を実感する人なのかどうか」です。

その結果、方位の影響を受けているかどうか分からない程度の人なら、凶方位を気にする必要性はありません。

現実に無いものを気にしてもしょうが無いですし、不安をあおるような占い師を信じる必要もありません。(参考:「あなたに合った占い師の見つけ方」

凶方位の旅行であっても目的によって対処が違う

一方で、凶方位の影響を受けることが分かっている人は、「その旅行の重要性」がポイントになります

凶方位は問題を引き起こす流れがあるときと、困難を示すときと、旅行の目的によって中身が微妙に違います。(参考:「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」

方位の状況と旅行の目的によっては、何をどういう風にしたら良いか変わってきます。

結局、ネット上に出ている「こうしたら良い」は、方位の影響を受けているかどうか分からない人が参考にする程度です。

やりたかったらやれば良いかな~程度(笑)。

凶方位が怖いのは分かるけど、自分に必要なことが分かれば楽になる

旅行の目的、現状、なぜ今なのか、その重要性は?という感じで、一つの凶方位を占う要素はいくつもあります。

その結果「何をしたらダメ・どうしたら良い」というのが出てくるのであって、共通して対処するとすれば「行かない」という選択肢しか無くなります。

だからこそ凶方位で旅行をすることが気になる人で、最初に大切になるのは「自分は方位の影響を目安に出来るかどうか」です。

気にしてもしょうがないことを気にする方がデメリットになります。

方位が気になりすぎて人間関係が険悪になる人は多いです。

そこまでして気にする必要があるのかどうかが大事です。