凶方位で怖いのは人生が変わるときの引っ越しや旅行

方位の影響を効果的に受けたい・避けたいなら節目(タイミング)を目安にすると効果的です。

凶方位で一番嫌なタイミングは、現実に悪影響を及ぼす選択をしてしまうことです。

現実に一番影響を及ぼすのは節目での移動です。

結婚に伴う新婚旅行や引っ越し、離婚に伴う引っ越し、進学、転職や就職に伴う引っ越しです。

大抵、何かやらかすとすればこのタイミングです。

ただ、方位の影響は常に一定ではありません。

節目は目の前の事が忙しくタイミングを意識しにくい

結婚も離婚も就職もしっかりと準備をして節目を迎えることが多いので、そこで出てくる凶方位は暗示的です。(吉方位ももちろん暗示的です)

行きたいから行くというその目的地が凶方位だった場合、その後の現実は凶方位だから悪くなるというよりも、その選択をしているから現実が悪くなるという方が多いです。

結婚は本来幸せな節目ですが、それをいうなら新築だったら何でも良いっていう話にもなります。

新築でも運気・運勢の難しい家はあります。

そのゆがみは後になって出てきます(時によっては引っ越す前からおかしくなっています)。

結婚の場合も一緒に住む前から暗示的な状況になっていることよくあります。

最初から悪い状態で引っ越しや旅行をする人もいます。

大抵の場合、方位のことは後から知る

ほとんどの人は方位の影響や効果について知る機会はありません。

知る事が良いかどうか、私にも分かりません。

凶方位だと知って家庭不和になることもあるからです。(参考:「怖い占い、脅す占い、家族や身内の占いの呪縛から逃れるために必要な事」

ただ、方位の影響を知っていて凶方位に向かう人は、2つのケースに分かれています。

1つは凶方位に行きたいからいく人で、その選択で苦労するかもしれません。

もう1つの行かざるおえない人は、上の人と状況は同じでも災難を避けやすくしてくれます。

悪いと分かっていても、いまこのタイミングを逃すことは出来ないと整理出来ている場合は、何事に対しても慎重で無理をしないからです。

悪いと分かっていて選択の余地もあるけど、行きたいから行くという人は後できついかもしれないです。

結婚・新婚旅行の場合は喧嘩・隠し事が増えやすいです。

就職・転職の場合は職場の人間関係が難しかったり、合わない仕事をやることが増えます。

離婚の凶方位だけは引っ越し後、楽になることが多い

離婚は苦労からの決別となることが多く、傍目には大変な状況になっているけれども、本人からすれば天国ということが多いです。

離婚はやむにやまれない選択だからこそ、ということかもしれないです。

方位の影響で厄介なのは、行く前から実感することもあれば、数ヶ月で実感する場合もありますし、1年少しぐらいで実感する場合もあります。

ただ、その時はあまり意識できるわけではなく、振り返ってみればそうだったってやつです。

自分の運気が本当に下がり始めたときに実感する感じです。

凶方位を選ぶことも選択の一つ

凶方位を選んだことは悪いわけじゃないです。

そのときそのときで選択した結果が現状を生み出しているのですから、意識的に切り替えて行けば(流れを変えていけば)良くなっていくということでもあります。

我慢の時には我慢する、動くときには動く、つまり、やりたいようにやっていた状況から自分をコントロールすることで流れを変えるわけです。

こちらも読んでみてください:「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」